鮎(アユ科)産卵期以降の雄鮎(アユ科)産卵期以降の雄鮎(アユ科)産卵期以降の雄

鮎(アユ科)産卵期以降の雄

柿田川で生まれた仔魚は海に下り成長し、4月に狩野川の河口から遡上します。10月下旬には、多くのアユが狩野川本川から柿田川に入り、1月中旬まで産卵を行います。柿田川では他の河川では普通見られない昼間の産卵も見ることができます。

鮎(鮎の遡上)鮎(鮎の遡上)鮎(鮎の遡上)

の遡上)

また、アユは普通年を越さないのですが、柿田川では冬になっても水温があまり低下しないため年を越しても生息する越年アユが多く見られます。
体長:15~30cm
食性:川底の藻類など
産卵期:10月下旬~1月上旬

アマゴ(サケ科)アマゴ(サケ科)アマゴ(サケ科)

アマゴ(サケ科)

普通源流部の冷たい水に生息するサケ科の魚で、柿田川のような平地の川ではめずらしい種類です。体の横のパーマークと呼ばれる黒いだ円形のもようと赤い点が特徴です。
体 長:10~30cm
食 性:水生昆虫など
産卵期:9~11月

ウグイ(コイ科)ウグイ(コイ科)ウグイ(コイ科)

ウグイ(コイ科)

流量の多い大きな河川に多い魚です。柿田川では全域に生息していますが、特に柿田橋の下流に多くいます。春の終わりになると体の横に2本の鮮やかな赤い線が現れ、群となって産卵します。

ホトケドジョウ(ドジョウ科ホトケドジョウ(ドジョウ科ホトケドジョウ(ドジョウ科)

ホトケドジョウ(ドジョウ科)

山からしみ出た水が集まった小川や湧水のある河川に生息する魚です。普通のドジョウより体長が短く、8本の口ひげが特徴です。そのうち2本は鼻の穴から出ています。※絶滅危惧Ⅰ類
体 長:4~6cm
食 性:底生動物など
産卵期:4~6月

ウツセミカジカ(カジカ科)ウツセミカジカ(カジカ科)ウツセミカジカ(カジカ科)

ウツセミカジカ(カジカ科)

川底が砂礫のところに生息しています。水草や大きな石の影に身を隠し、水生昆虫などを食べて成長します。※絶滅危惧Ⅱ類
体 長:7~13cm
食 性:底生動物など
産卵期:2~3月

アユカケ(カジカ科)アユカケ(カジカ科)アユカケ(カジカ科)

アユカケ(カジカ科)

清流の瀬の砂底に生息しています。小さい頃は水生昆虫を食べますが大きくなると石や藻に隠れてアユやその他の魚を食べます。
体 長:15~25cm
食 性:昆虫、小魚など
産卵期:12~1月

サワガニ(サワガニ科)サワガニ(サワガニ科)サワガニ(サワガニ科)

サワガニ(サワガニ科)

上流域の清流や湧水に生息しています。柿田川では、水がしみでる浅い小石の下などで見られます。7月から8月には、卵を抱きかかえたサワガニを見ることができます。
体 長:約2.5cm
食 性:雑食性
産卵期:7~8月

モクズガニ(イワガニ科)モクズガニ(イワガニ科)モクズガニ(イワガニ科)

モクズガニ(イワガニ科)

日本全土の河川に生息する。はさみ・脚に毛が生えています。甲幅は8cmにもなる。暗褐色をしているため、みつけづらいです。
産卵のため河口付近まで川を下ります。夜行性です。
体 長:約7〜8cm
食 性:雑食性
産卵期:10~12月

ヒラテテナガエビ(テナガエビ科)ヒラテテナガエビ(テナガエビ科)ヒラテテナガエビ(テナガエビ科)

ヒラテテナガエビ(テナガエビ科)

ヒラテテナガエビはヤマトテナガエビとも呼ばれ、流れのはやい河川に生息しています。普通はテナガエビの仲間の中でもっとも上流に生息しています。夜行性で夜になると隠れていた石の下から出てきてえさを探します。
体 長:約10cm
食 性:雑食性
産卵期:6~9月

カワセミ(かわせみ科)カワセミ(かわせみ科)カワセミ(かわせみ科)

カワセミ(かわせみ科)

クチバシが長く、背中がブルーで、お腹がオレンジのとても美しい鳥です。渓流の宝石と呼ばれることもあります。身体はすずめくらいの大きさで、ヤマセミ同様、水中に飛び込み、魚を捕まえる魚とりの名人です。柿田川では主に上流域で見ることができます。

カワセミ(かわせみ科)カワセミ(かわせみ科)カワセミ(かわせみ科)

カワセミ(かわせみ科)

体 長:約17cm
食 性:魚など
産卵期:6~7月

ヤマセミ(かわせみ科)ヤマセミ(かわせみ科)ヤマセミ(かわせみ科)

ヤマセミ(かわせみ科)

普通は山奥の渓谷に生息している鳥で、柿田川のような平地で見られることはとても珍しいことです。頭についた角のような羽が特徴的で、丸く黒い頭と灰色の体をしています。魚とリの名人で、ウグイのような大きな魚をつかまえて食べます。柿田川では主に中流域で見ることができます。

カワウ(ウ科)カワウ(ウ科)カワウ(ウ科)

カワウ(ウ科)

先の曲がった長いくちばしと長い首が特徴の大きな鳥で、水に潜って魚をつかまえるのが得意です。長時間水の中に潜り、水かきと、かじの役割を果たす尾を使って上手に泳ぐことができます。柿田川では、豊富な魚をねらって、その数が増えています。

マガモ(カモ科)マガモ(カモ科)マガモ(カモ科)

マガモ(カモ科)

冬が近づくと寒い北国から冬を越すためにカモ類の群れが柿田川にやってきます。背の高い草が生い茂る場所をねぐらとして、朝や夕方に餌となる水草を探して泳ぎ回っています。3月の下旬になると、生まれ故郷の遠い北国へ帰っていきます。柿田川では主に上流域と柿田橋下流域で見ることができます。

ヒドリガモ(ガンカモ科)ヒドリガモ(ガンカモ科)ヒドリガモ(ガンカモ科)

ヒドリガモ(ガンカモ科)

冬が近づくと寒い北国から冬を越すためにカモ類の群れが柿田川にやってきます。背の高い草が生い茂る場所をねぐらとして、朝や夕方に餌となる水草を探して泳ぎ回っています。3月の下旬になると、生まれ故郷の遠い北国へ帰っていきます。柿田川では主に上流域と柿田橋下流域で見ることができます。

キンクロハジロ(カモ科)キンクロハジロ(カモ科)キンクロハジロ(カモ科)

キンクロハジロ(カモ科)

冬が近づくと寒い北国から冬を越すためにカモ類の群れが柿田川にやってきます。背の高い草が生い茂る場所をねぐらとして、朝や夕方に餌となる水草を探して泳ぎ回っています。3月の下旬になると、生まれ故郷の遠い北国へ帰っていきます。柿田川では主に上流域と柿田橋下流域で見ることができます。

ユリカモメ(カモメ科)ユリカモメ(カモメ科)ユリカモメ(カモメ科)

ユリカモメ(カモメ科)

柿田川には、冬に渡来します。全長約40cm。カモメの中では小型のカモメで、全体に白っぽく、くちばしと脚が赤いのが特徴です。ユーラシア大陸の温帯から亜寒帯で広く分布します。

キセキレイ(セキレイ科)キセキレイ(セキレイ科)キセキレイ(セキレイ科)

キセキレイ(セキレイ科)

セキレイの仲間で腹から胸にかけて黄色いところからキセキレイの名がつきました。日本全土に分布し、民家や山地などの清流が流れる集落に多く見られます。全長約20cmです。

コサギ(サギ科)コサギ(サギ科)コサギ(サギ科)

コサギ(サギ科)

体全体が白く、くちばしと脚が黒く、指だけが黄色の小型のサギです。川、水田、池沼など水辺などで魚を捕って暮らしています。

ヒヨドリ(ヒヨドリ科)ヒヨドリ(ヒヨドリ科)ヒヨドリ(ヒヨドリ科)

ヒヨドリ(ヒヨドリ科)

くちばしは黒くて先がとがる。雌雄同色。体型はほっそりしている。里山や公園などある程度木のある環境に多く生息し、都市部でも見られる。

シジュウカラ(シジュウカラ科)シジュウカラ(シジュウカラ科)シジュウカラ(シジュウカラ科)

シジュウカラ(シジュウカラ科)

頬に大きな白斑があり、まわりは黒い。翼に一本の白線があり、胸に黒いネクタイ模様がトレードマーク。

ミシマバイカモ(キンポウゲ科)ミシマバイカモ(キンポウゲ科)ミシマバイカモ(キンポウゲ科)

ミシマバイカモ

ミシマバイカモ (オオイチョウバイカモ )花が梅の花に似ています。水の汚染に非常に敏感で、日当たりの良いきれいな冷たい水でないと育ちません。

ミシマバイカモ(キンポウゲ科)ミシマバイカモ(キンポウゲ科)ミシマバイカモ(キンポウゲ科)

(キンポウゲ科)

また、光合成によりたくさんの酸素をつくりだします。柿田川では主に中、上流域に生育しています。※絶滅危惧T類

柿田川からの富士山柿田川からの富士山

ヒンジモ(サトイモ科)

三角状の葉や茎が変化した葉状体が他の水草にからみついて生育します。北海道以外では湧水のある河川でしか生育していません。柿田川では主に中流域に生育しています。※絶滅危惧T類

カワヂシャ(ゴマノハグサ科)カワヂシャ(ゴマノハグサ科)カワヂシャ(ゴマノハグサ科)

カワヂシャ(ゴマノハグサ科)

普通は水際で生育していますが、柿田川では水の中でも生活するようになりました。水流の抵抗を受けない様に、葉も茎も薄く柔らかい植物です。柿田川では主に下流域に生育しています。※準絶滅危惧

柿田川からの富士山柿田川からの富士山

ナガエミクリ(ミクリ科)

栗のいがのように果実が集まっていることからミクリと呼ばれています。また、ナガエというのは果実のえが普通のミクリより長いことから名付けられました。柿田川では主に中、下流域に生育しています。※準絶滅危惧

オオアカウキクサ(アカウキクサ科)オオアカウキクサ(アカウキクサ科)オオアカウキクサ(アカウキクサ科)

オオアカウキクサ(アカウキクサ科)

水面に浮かぶ水草で、名前の通り夏の盛りや冬に赤紫色になります。寒さに強く、他の草が枯れても平気な植物です。今では珍しい水草になってしまいましたが、昔は田んぼに多く見られました。※絶滅危惧U類

ホタルブクロ(キキョウ科)ホタルブクロ(キキョウ科)ホタルブクロ(キキョウ科)

ホタルブクロ(キキョウ科)

白色・紅紫色の鐘状の花を咲かせます。子どもがこの花でホタルを包むのでこの名前が付いたそうです。

ツリフネソウ(ツリフネソウ科)ツリフネソウ(ツリフネソウ科)ツリフネソウ(ツリフネソウ科)

ツリフネソウ(ツリフネソウ科)

湿ったところに生えています。8月~10月頃、赤紫色の花を咲かせます。この花の形が船に似ている事から「釣船草」の名前がつきました。

センニンソウ(キンポウゲ科)センニンソウ(キンポウゲ科)センニンソウ(キンポウゲ科)

センニンソウ(キンポウゲ科)

日本各地に分布、日当りの良い山野に多く見られる。8月~9月頃、茎の先端付近の葉腋から三出状の散房花序を出し、多数の白い花をつける。

イヌダテ(タデ科)イヌダテ(タデ科)イヌダテ(タデ科)

イヌダテ(タデ科)

秋に茎の先端から穂を出し、花を密につける。花よりも、その後に見られる真っ赤な果実が目立つ。

彼岸花(ヒガンバナ科)彼岸花(ヒガンバナ科)彼岸花(ヒガンバナ科)

彼岸花(ヒガンバナ科)

日本各地に分布、全草有毒な多年生の球根性植物。散形花序で6枚の花弁が放射状につく。9月中旬に赤い花をつけるが、稀に白いものもある。

あざみ(きく科)あざみ(きく科)あざみ(きく科)

あざみ(きく科)

日本各地に分布、葉は深い切れ込みがあるものが多い。また葉や総苞にトゲが多く、さわるととても痛いものが多い。

アオハダトンボ(カワトンボ科)アオハダトンボ(カワトンボ科)アオハダトンボ(カワトンボ科)

アオハダトンボ(カワトンボ科)

柿田川を代表する緑色の美しいトンボです。他の場所では7月くらいには見られなくなりますが、柿田川では、5月から11月頃までの長い期間見ることができます。

ヒガシカワトンボヒガシカワトンボヒガシカワトンボ

ヒガシカワトンボ

目が離れて飛び出しているのが特徴的なトンボで、羽の色がオレンジの型と透明の型の2種類がいます。柿田川には両方とも生息し、4月から12月頃までの長い期間見ることができます。

アジアイトトンボ(イトトンボ科)アジアイトトンボ(イトトンボ科)アジアイトトンボ(イトトンボ科)

アジアイトトンボ(イトトンボ科)

日本全土に分布し、大きさは2.5cm~3.0cmぐらいです。雄は腹部9節部分が青色です。4月~11月ぐらいまで見られます。

カワトンボ(カワトンボ科)カワトンボ(カワトンボ科)カワトンボ(カワトンボ科)

カワトンボ(カワトンボ科)

日本全土に分布しています。体長4cm~6cmぐらいで、体は緑色。翅の色は澄んだ色をしています。清流に生息しています。

ヤマサナエ(サナエトンボ科)ヤマサナエ(サナエトンボ科)ヤマサナエ(サナエトンボ科)

ヤマサナエ(サナエトンボ科)

日本全土に分布しています。体長5cm~7cmぐらいで、体の色は黒に黄色の斑紋があります。平地、低山地の清流に生息しています。

ダビドサナエ(サナエトンボ科)ダビドサナエ(サナエトンボ科)ダビドサナエ(サナエトンボ科)

ダビドサナエ(サナエトンボ科)

日本全土に分布しています。体長4cm~5cmぐらいで、山間部から低山地の清流に生息しています。

ゲンジボタル(ホタル科)ゲンジボタル(ホタル科)ゲンジボタル(ホタル科)

ゲンジボタル(ホタル科)

夏が始まろうとする5月中旬から7月頃まで、夜の暗闇に点滅するゲンジボタルが現れます。ゲンジボタルは清流に生息し、幼虫は水の中に住み、巻貝のカワニナを餌としています。

ミドリシジミ(シジミチョウ科)ミドリシジミ(シジミチョウ科)ミドリシジミ(シジミチョウ科)

ミドリシジミ(シジミチョウ科)

きれいな緑色の光沢のある羽を持っている美しいチョウです。成虫は5月中旬から7月頃まで見られます。幼虫は、柿田川の河畔林に多いハンノキの葉を餌としています。

ベニシジミ(シジミチョウ科)ベニシジミ(シジミチョウ科)ベニシジミ(シジミチョウ科)

ベニシジミ(シジミチョウ科)

日本全土に分布し、春から秋まで見られ鮮やかな瑠璃色の翅が美しいです。

ウラギンシジミ(シジミチョウ科)ウラギンシジミ(シジミチョウ科)ウラギンシジミ(シジミチョウ科)

ウラギンシジミ(シジミチョウ科)

夏の終わり、8月中旬から9月頃に柿田川全域に現れます。雄は、羽の表は黒に縁どられた橙色、裏は白色でその対比が特徴的なチョウです。幼虫は、フジなどのマメ科の植物を餌としています。

アオスジアゲハ(アゲハチョウ科)アオスジアゲハ(アゲハチョウ科)アオスジアゲハ(アゲハチョウ科)

アオスジアゲハ(アゲハチョウ科)

5月~9月頃まで見られる。北海道を除き、日本全土に分布するが、北日本ではあまり見られません。翅の青い帯が特徴です。