観る・歴史

戸倉城跡(本城山)

戸倉城は狩野川が大きく迂曲する部分にある標高76.2mの本城山を中心に築かれた城です。戦国時代、北条氏綱が今川氏に対する守りとして築いたものといわれていますが、はっきりしたことはわかっていません。
城といっても壮麗な天守閣を備える城ではなく、木柵を巡らした曲輪や物見台、堀などで構成される戦争用の城であり、山の尾根の地形をうまく利用してこれらを築いています。城将の居館は山の南東、現在の龍泉寺のある辺りにあったといわれています。戸倉城は古文書により武田軍と北条軍の激しい攻防戦があたことが伺えます。たびたびの猛攻にもよく耐え、落城することはなかったようです。最後は天正18年(1590)の豊臣秀吉の小田原征伐に際し、北条氏自ら城を破壊し廃城となりました。
戸倉城跡(本城山)
 

施設情報

住所
:静岡県駿東郡清水町徳倉1921-1
交通
:JR 沼津駅南口から沼津箱根登山東海バスで(大平行きまたは沼商行き、または中徳倉循環) 「水神道」から徒歩で10分
電話
055-981-8224( 清水町都市計画課
駐車場
:無料
Google Map
:Google Map No.14:戸倉城跡(本城山)
狩野川対岸からの本城山狩野川対岸からの本城山

狩野川対岸からの本城山

狩野川対岸からの本城山狩野川対岸からの本城山

狩野川対岸からの本城山

戸倉城址案内戸倉城址案内

戸倉城址案内

本城山公園の桜本城山公園の桜

本城山公園の桜

本城山からの柿田川本城山からの柿田川

本城山からの柿田川

本城山からの狩野川本城山からの狩野川

本城山からの狩野川

本城山からの富士山本城山からの富士山

本城山からの富士山

本城山山頂本城山山頂

本城山山頂